ペンギン村

アラフォー男子の楽園

宮崎の名店【おぐら】の『チキン南蛮』をオウチで作ってみた。

 

 

突然ですが『チキン南蛮』って知っていますか? 

全国的に有名な料理なのでそりゃー知っていますよね。でもその『チキン南蛮』が宮崎発祥の料理って知っていましたか?

宮崎ってほんと美味しいものが多くて、行くたびに太って帰ってきます。地鶏のもも焼き、一平寿司のレタス巻き、そしてチキン南蛮。

その宮崎のチキン南蛮屋さんでも飛び抜けて有名なのが『おぐら』。そのチキン南蛮がコチラ!

f:id:kyan-ta:20170430235209j:plain

いかがでしょうか、このコッテリ感(笑)。このチキン南蛮を食べたが最後、あの甘酸っぱい南蛮酢にたっぷり浸り、甘ったるいタルタルソースがかかった鶏肉の味が忘れられなくなり、定期的に食べに行かないと禁断症状がでるくらいはまってしまいます。

がしかし、これだけおいしくて有名であるにもかかわらず、宮崎県内のみしか店舗展開をしていないため、食べたくなったら宮崎に行くしかありません。福岡から宮崎まで車で片道4時間。そんなに気軽に行ける距離ではない・・・。

 

・・・

 

よし!自分で作ってしまおう!

そして長年試行錯誤を重ね(大げさ)、ついにたどり着いた『おぐら』の味!

ウソです。完コピはできていません。が、かなり近い味にはなったと思います。

おぐらチェーンファンの皆さま、レシピを晒すので皆さんもぜひオウチで作ってみてください。

 

材料(2人分) 

[お肉]
250g×2
塩コショウ
適量
小麦粉(衣用)
適量
卵(衣用)
2個
サラダ油(揚げ用)
適量
 
[南蛮酢]
醤油
150cc
みりん
50cc
200cc
砂糖
200g
おろし生姜
少々
 
[タルタルソース]
マヨネーズ
1CUP
ケチャップ
大さじ1
キュウリ
1本
玉ねぎ
1/2個
ゆで卵
1個
砂糖
大さじ1強

 

作り方 

1

f:id:kyan-ta:20170430231837j:plain南蛮酢を作ります。醤油、みりん、酢、砂糖を鍋に入れ温めます。この時人参や玉ねぎなどの切れ端を入れておくと甘みが出て味に深みがでます。そして隠し味におろし生姜を少々いれます。

2

f:id:kyan-ta:20170430231857j:plainタルタルソースを作ります。キュウリ、玉ねぎをみじん切りにし10分ほど水に浸しておきます(時間があればでいいです。苦味がとれます)。ゆで卵もみじん切りにしておきます。


3

f:id:kyan-ta:20170430231915j:plainマヨネーズ、ケチャップ、砂糖をいれ混ぜるとタルタルソースの完成です。

4

f:id:kyan-ta:20170430231933j:plain鶏モモ肉に塩コショウをしっかりふり、10分ほど馴染ませた後、キッチンペーパーで水気をとります。

5

f:id:kyan-ta:20170430232823j:plain鶏肉に小麦粉をまぶします。

6

f:id:kyan-ta:20170430231955j:plainそして卵にくぐらせます。

7

f:id:kyan-ta:20170430232024j:plain180度に熱したサラダ油で揚げます。揚げカスをすくいながら途中裏返して10分ほど揚げてください。

8

f:id:kyan-ta:20170430232057j:plain揚げ上がったら一旦網トレイに出して油を切りその後南蛮酢に約1分間漬け込みます。

 

 

 そして完成したのがコチラ!

f:id:kyan-ta:20170430232530j:plain

いかがでしょうか?おぐらっぽさを出すためにナポリタンまで作ってしまうこの凝りよう。が、タルタルソースの具のみじん切りがやや足りずゴロゴロ感が出てしまっているのは残念。

しかし!味はかなり近いです!うまいです!もうちょっと甘くてもいいかなと思うので、タルタルソースにもう少し砂糖を足してもいいかもです。

みなさんもオウチで本場のチキン南蛮はいかがですか? 

 

おまけ。

おぐら以外のおいしいチキン南蛮をいくつか紹介します。

まずはこちら。

f:id:kyan-ta:20170501000910j:plain

弁当かよっと思う方もいるかもしれませんが侮るなかれ。めちゃくちゃ美味しいです。

こちら宮崎市に何店舗かある『押川弁当』通称『オシベン』 のチキン南蛮。宮崎に住んでいる人で知らない人はいない(はず)。宮崎に行く機会があったらぜひ食べてみてください。

 

そしてもう1店舗。

f:id:kyan-ta:20170501001451j:plain

福岡市早良区高取(地下鉄藤崎駅の近くです)にある居酒屋『招ふく』。

宮崎出身の大将が作るチキン南蛮はまさに宮崎のチキン南蛮!わざわざ今回みたいに自分で作らなくても福岡で本場のチキン南蛮が味わえます。あれ?それでいいのか?

ちなみにこちらお持ち帰りもできます。

f:id:kyan-ta:20170501002325j:plain

ワタクシもちょくちょく利用させてもらっています。

 

それではみなさん、よきチキン南蛮ライフを! 

 

 

 

【関連記事】